家族葬は自由な発想のお葬式ができる

家族葬は、これまでの伝統的な葬儀と違って、決まった形式があるわけではありません。
どのような家族葬にするかは、故人の遺志を重んじたり、遺族が葬祭業者とよく話し合いながら決めていきます。
家族葬は、仏式や神式、キリスト教式で行うこともできますし、無宗教式で行うこともできます。
しかし、たとえば仏式で行う場合でも、必ずしも通常使われるような白木の祭壇を用いなければいけないということはありません。
棺のまわりに花を飾る生花祭壇にしたり、あるいは祭壇を設けず、棺を花で飾ってその前に焼香台を置くなどのアレンジも可能です。
また、通夜ぶるまいを省略し、その分、葬儀後の会食に費用をかけるといったこともできます。
自由な発想で、必要ないと思われるものを省けば、費用を抑えることができますし、その分を別のこだわりたいことにあてることもできます。
葬祭業者とは綿密に打ち合わせをする必要がありますが、それだけ、内容面でも費用面でも満足できる葬儀にすることができるでしょう。
ただし、親族や参列者には前もって説明し、理解を得たうえで準備をしなければならないというデメリットがあるのも事実です。
理解を得ないまま家族葬を進めると、世間体を気にする親族などから不満の声が上がり、お互いにしこりを残すことになりかねませんので注意してください。
参考サイト:家族葬

SNSでもご購読できます。